2010年07月27日

芥川龍之介・名言集


akutagawa-thumbnail2.jpg


『危険思想とは常識を実行に移そうとする思想である』

『民衆の愚を発見するのは必ずしも誇るに足ることではない。が、我々自身もまた民衆であることを発見するのはともかくも誇るに足ることである』

『天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである』

『民衆も天才を認めることに吝かであるとは信じ難い。しかし、その認めかたは常にすこぶる滑稽である』

『もし正直になるとすれば、我々はたちまち何びとも正直になられぬことを見出すであろう。この故に我々は正直になることに不安を感ぜずにはいられぬのである』

『わたしはどんなに愛していた女とでも一時間以上話しているのは退屈だった』


芥川龍之介・作品集


>キャッシング審査に有利な条件とは?

posted by たまご at 10:17 | TrackBack(1) | 芥川 龍之介(1892-1927) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武者小路実篤・名言集


iqpl9yrj-thumbnail2.jpg


『結婚するのも幸せだし、結婚しないのも幸せだ。どっちにも人間としての喜びがある』

『金のある者は、金があるために不正をし、金のない者は、金がないために不正なことをする』

『人生にとつて健康は目的ではない。しかし最初の条件なのである』

『友情の価値は両方が独立性を傷つけずにつきあえるという点にあるのだ』

『人間は神がつくったということは僕は信じられない。神がつくったものとしては人間は無常すぎ、不完全すぎる。
しかし自然が生んだとしたら、あまりに傑作すぎるように思うのだ』

『人生は理屈で見ればくだらないものである。客観して見れば虫の生活とそうちがわない。自然にとって、宇宙にとって、我等の生死は問題ではない。この世のあらゆる不幸なことも、自然の目から見たら、零に等しい。
しかし人間にとってはそうではない。其処が面白いのだ』


武者小路実篤・作品集


>即日融資可のキャッシング会社は?

posted by たまご at 10:11 | TrackBack(1) | 武者小路実篤(1885-1976) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰治・名言集


pcmrd63h842h8421gosuf7jpc631000-thumbnail2.jpg


『人間は嘘をつく時には、必ず、まじめな顔をしているものである』

『幸福の便りというものは、待っている時には決して来ないものだ』

『僕は自分がなぜ生きていなければならないのか、それが全然わからないのです』

『とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ』

『人間三百六十五日、何の心配も無い日が、一日、いや半日あったら、 それは仕合せな人間です』

『大人とは、裏切られた青年の姿である』

『人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない』

『騙される人よりも、騙す人のほうが、数十倍苦しいさ』

『人間なんて、そんなにたくさん、あれもこれも、できるもんじゃないのだ。しのんで、しのんで、つつましくやってさえゆけば、渡る世間に鬼はない。それは信じなければいけないよ』

『過ぎ去ったことは、忘れろ。さういっても、無理かもしれぬが、しかし人間は、何か一つ触れてはならぬ深い傷を背負って、それでも、堪えてそしらぬふりをして生きているのではないのか』

『これからは、単純に、正直に行動しよう。知らない事は、知らないと言おう。出来ないことは、出来ないと正直に言おう。思わせ振りを捨てたならば、人生は、意外にもへいたんなことらしい』

『笑われて、笑われて、つよくなる』

『小説とは、読者に戦慄を与えるものでなければならない』


太宰治・作品集


>審査が甘いキャッシング会社は?

posted by たまご at 10:04 | TrackBack(3) | 太宰 治(1909-1948) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。